上腕骨内側上顆炎(ゴルフ肘、野球肘)

上腕骨内側上顆炎(ゴルフ肘、野球肘)

福岡市南区でスポーツ傷害・交通事故むち打ち・猫背矯正・骨盤矯正・美容鍼を施術していますけやごう鍼灸整骨院・整体院です。

今回のテーマは上腕骨内側上顆炎(ゴルフ肘、野球肘)
ドアノブを握って内側にひねる動作やタオルを絞る等の動作で肘内側に痛みがでる。
肘の小指側にある上腕骨内側上顆に付着する筋肉の腱の障害で、手首を手のひら側に曲げる手関節屈筋腱や、前腕を内側に捻る円回内筋腱の使いすぎにより発症する。
野球肘とも呼ばれ、野球の投球動作のし過ぎにより発症する。

鍼灸治療では、痛む部分の消炎鎮痛を目的とした治療を行います。

肘外側の痛み(テニス肘)には、上腕骨外側上顆を起始とする伸筋群。 肘内側の痛み(ゴルフ肘)には、上腕骨内側上顆を起始とする屈筋群にあるツボを中心に治療していきます。

また、肘の痛む部分以外にも首、肩にかけてのツボにも鍼灸治療を行っていきます。

鍼灸治療は、はじめのうちは週1~2回の治療をおこなっていきながら、

自宅にてお灸をしていただくと効果的です。

お気軽に当院にお気軽にご相談ください!

けやごう鍼灸整骨院整体院

092-585-5285

けやごう鍼灸整骨院・整体院、ピラティス教室

けやごう鍼灸整骨院・整体院、ピラティス教室
【住所】福岡県福岡市南区警弥郷2-14-3
【TEL】092-585-5285(完全予約制)
【営業時間】平日 9:00~12:00 15:00~20:00
      土曜 9:00~17:00
【休診日】 日祝

病院に行っても改善しないお体の痛み、不調を改善します。鍼灸、整体、筋膜リリース、産後の骨盤矯正、美容鍼、ピラティスなどをお客様の状態に合わせてご提供いたしております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


前の記事

テニス肘について

次の記事

円形脱毛症