小顔になれない原因とは!?

こんにちは、福岡市南区けやごう鍼灸整骨院です。

冬になると、顔がむくんだりで顔が大きくなって気になりますよね、、、本日は小顔になれない原因を4つご紹介します!!

小顔になれない4つの原因

1.咬筋(こうきん)のコリ

ものを噛む際に、咀嚼筋(そしゃくきん)というお顔の筋肉を使います。
咀嚼筋は3つの筋肉の層からなり、その最も表側にある筋肉が『咬筋(こうきん)』です。

食べ物を食べる際に強く噛みがちな方や、ガムを良く噛む方、また歯ぎしりをする方はこの咬筋がコリ、固く張った状態になってしまいます。
咬筋がコリ、固く張った状態になりますと、いわゆるエラが張ったお顔となり、本来よりもお顔が大きく見えてしまうようになります。

2.お顔のむくみ

身体に余分な水分が溜めこまれてしまっている状態になりますと、お顔にはむくみが表れます。
お顔がむくむと、身体はスリムなのに太っているように見えてしまうことも。
むくみは、体の冷え、塩分の摂り過ぎ、アルコールの摂取などで起こります。
また自律神経の乱れや、腎臓や肝臓の機能低下により代謝が滞ることでもむくみが起こってきます。

3.お顔の筋肉のたるみ

年齢と共に、表情筋(お顔の筋肉)が重力に負けて下がり、お顔がたるんできてしまいます。
特に頬の部分が垂れ下がってくると、お顔が膨れた印象になってしまいます。

4.首回りの筋肉のコリ・むくみ

首肩まわりの筋肉が凝ることにより、首のラインが強張って膨らんできてしまいます。
さらに、この部分にむくみがあることで首がふっくらしてきます。
これらによって首とアゴとの境界線が薄れてきてしまい、ぼやっとした印象のお顔になってしまいます。

 

顔の筋肉の血流をよくする方法いろいろありそうですが、その中でも即効性があるのが鍼灸です。鍼で小顔になりやすい状態を目指したいですね。

 

鍼で小顔になる4つの特長

1.鍼でツボ&筋肉を刺激して咬筋のコリを解消

咬筋を鍼で刺激して凝りを解消します。
また顎関節症の治療にも用いるツボ、頬車(きょうしゃ)、下関(げかん)を鍼で刺激し、咬筋の緊張を解きます。
※効果には個人差がございますので、効果を保証するものではございません。

(2)鍼で代謝を促進してお顔のむくみを解消

お顔の筋肉に鍼で刺激を与えます。鍼を刺すと筋肉は収縮し、そして鍼を抜くと緩みます。この筋肉の収縮・弛緩の作用で血液やリンパの流れが促進されます。また身体に冷えをため込んでしまっている方には、お灸を用いて身体の冷えを改善していきます。さらに鍼で自律神経を整えていくとともに腎臓や肝臓の機能を活性化させ、水分代謝を促進していきます。

3)多数の鍼で表情筋及び筋膜を刺激してリフトアップ

鍼で表情筋を刺激して活性化することにより、お顔がリフトアップして頬のラインがシャープになります。
けやごう鍼灸整骨院整体院では、経穴(ツボ)への刺激により得られる効果の他、筋肉に大きな刺激を与えることにより得られる効果を狙った施術を行っていきます。
お顔の筋肉というのは、個々にそれぞれ単体で存在しているのではなく、薄い筋膜で全てつながっています。そのため、様々な表情筋を同時に刺激して表情筋全体を活性化することが重要だと考えています。また、お顔の表情筋はそれぞれ筋膜でつながっているとご説明いたしましたが、頭部の筋肉ともつながっています。そのため頭部の筋肉の弛緩がお顔のたるみにも影響してきます。さらに、お顔と併せて頭部への刺鍼も行います。
こめかみ部分から鍼を刺し、頭皮と頭蓋骨の間に沿わせて鍼を進めていく独特な技法による刺鍼をしていきます。

(4)首肩まわりの筋肉のコリ・むくみを解消してシャープなお顔立ちに

鍼とお灸を用いて首肩まわりの筋肉の凝りとむくみを解消していきます。
首とアゴとの境目がはっきりして凹凸が出ることにより、シャープで引き締まった印象のお顔立ちになります。

けやごう鍼灸整骨院・整体院、ピラティス教室

けやごう鍼灸整骨院・整体院、ピラティス教室
【住所】福岡県福岡市南区警弥郷2-14-3
【TEL】092-585-5285(完全予約制)
【営業時間】平日 9:00~12:00 15:00~20:00
      土曜 9:00~17:00
【休診日】 日祝

病院に行っても改善しないお体の痛み、不調を改善します。鍼灸、整体、筋膜リリース、産後の骨盤矯正、美容鍼、ピラティスなどをお客様の状態に合わせてご提供いたしております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA