産後の骨盤矯正を受ける期間って?口コミで人気のおススメの福岡市南区の整骨院が説明

産後の骨盤矯正の期間はどのくらい必要?

産後の骨盤矯正の期間は出産してから半年から1年以内が目安と言われています。

医学的な根拠としては妊娠中に”リラキシン”というホルモンの影響で靭帯が緩みます。

このリラキシンホルモンの分泌の時期は出産前後がピークと言われています。

その後はだんだんとに減っていきますが、分泌される期間には個人差がでやすいといわれています。

骨盤周囲の靭帯が元に戻る時間が半年くらいだそうです。

なので出産で傷んだ骨盤周囲の靭帯が戻る期間に産後の骨盤矯正を受けると効果的ということなんです。

 

帝王切開の場合はどうなの?

経腟分娩ほどのダメージは受けないといわれる、帝王切開ですが、その場合も産後のケアが必要と言われています。

帝王切開でも起きる産後の骨盤への影響

  • 帝王切開で出産した方は、お腹の傷のために極端にお腹に力を入れることが困難
  • 切開した傷口をかばおうとして姿勢に影響が出る
  • 腹直筋が使えず、腰に負担がかかるケースも多い。

出産した後は育児や授乳など生活がうまく思い描いていたとおりに行かないといわれます。

また、出産後は体力も低下していて、慣れない育児で自分自身に余裕がない状況です。

そのため産後の骨盤矯正を始められるのは、産後1ヶ月後くらいから取り組んでいくと育児、生活が快適に遅れるようになります。

福岡市南区で産後の骨盤矯正をうけるなら、整体、はりきゅう、筋膜リリースなど様々な施術法とピラティスの国際ライセンスを持ったけやごう鍼灸整骨院・整体院にお任せください。

 

 

けやごう鍼灸整骨院・整体院、ピラティス教室

けやごう鍼灸整骨院・整体院、ピラティス教室
【住所】福岡県福岡市南区警弥郷2-14-3
【TEL】092-585-5285(完全予約制)
【営業時間】平日 9:00~12:00 15:00~20:00
      土曜 9:00~17:00
【休診日】 日祝

病院に行っても改善しないお体の痛み、不調を改善します。鍼灸、整体、筋膜リリース、産後の骨盤矯正、美容鍼、ピラティスなどをお客様の状態に合わせてご提供いたしております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA