WHO(世界保健機構)が鍼灸治療で効果があるとすでに認定されているものを参考までに紹介いたします。

 

運動器系疾患

関節炎、リウマチ、頚肩腕症候群、五十肩、腱鞘炎、腰痛、外傷の後遺症(骨折、打撲、むちうち、捻挫)

 

神経系疾患

神経痛、神経麻痺、痙攣、脳卒中後遺症、自律神経失調症、頭痛、めまい、不眠、神経症、ノイローゼ、ヒステリー

 

消化器系疾患

胃腸病(胃炎、消化不良、胃下垂、胃酸過多、下痢、便秘) 、胆嚢炎、肝機能障害、肝炎、胃十二指腸潰瘍、痔疾

呼吸器疾患

気管支炎、喘息、風邪および予防

循環器系疾患

心臓神経症、動脈硬化症、高血圧低血圧症、動悸、息切れ

代謝内分泌系疾患

バセドウ氏病、糖尿病、痛風、脚気

 

貧血生殖・泌尿器系疾患

膀胱炎、尿道炎、性機能障害、尿閉、腎炎、前立腺肥大、陰萎

婦人科疾患

更年期障害、乳腺炎、白帯下、生理痛、月経不順、冷え性、血の道、不妊

小児科疾患

小児神経症(夜泣き、かんむし、夜驚、消化不良、偏食、食欲不振、不眠)、小児喘息、アレルギー性湿疹、耳下腺炎、夜尿症、虚弱体質の改善

眼科疾患

眼精疲労、仮性近視、結膜炎、疲れ目、かすみ目、ものもらい

 

耳鼻咽喉科疾患

中耳炎、耳鳴、難聴、メニエル氏病、鼻出血、鼻炎、蓄膿(ちくのう)、咽喉頭炎、扁桃炎(へんとう炎)

 

鍼(はり)について

「はり」と聞くと痛い感じがありますが、鍼の直径は0.2ミリ程度と髪の毛位のものです。刺されたときは何も感じないか、少しチクッとした感しがする程度です。
施術に用いる鍼はすべて完全滅菌された使い捨てですので、鍼から病気が感染することはありません。また、鍼の副作用はほとんどありません。
しかし、施術後一時的にだるさが残ることがあります。これは鍼施術に慣れていない人に起こりやすい症状です。運動後の疲労感とよく似ていますので、激しい運動を避けて下さい。ほとんどの場合は1~2日で回復します。また、時に小さな内出血が起こることがあり、紫色から黄色くなって1週間ほどで消えます。

 

灸(きゅう)について

「お灸」には直接灸と間接灸(温灸・隔物灸など)とがあります。直接灸は瞬間的な熱さのみで快痛ともいえる心地よさです。間接灸は持続的な温かさがあり、決して熱さを我慢するものではありません。
直接灸の後には小さな水ぶくれができることが多いですが、つぶしたり、強くこすったりしなければ問題はありません。また、お灸は自宅で行うことも可能です。状況によって施灸を指導することがあります。指示された通りに行って下さい。
施術日は入浴等を禁止する必要はなく、ふだんどおりの生活をしていただいて結構です。但し灸治療を受けた時は入浴時に灸のあとを強くこすらないよう注意して下さい。

そのほか、ご不明な点はけやごう鍼灸整骨院にご相談下さい。

けやごう鍼灸整骨院・整体院、ピラティス教室

けやごう鍼灸整骨院・整体院、ピラティス教室
【住所】福岡県福岡市南区警弥郷2-14-3
【TEL】092-585-5285(完全予約制)
【営業時間】平日 9:00~12:00 15:00~20:00
      土曜 9:00~17:00
【休診日】 日祝

病院に行っても改善しないお体の痛み、不調を改善します。鍼灸、整体、筋膜リリース、産後の骨盤矯正、美容鍼、ピラティスなどをお客様の状態に合わせてご提供いたしております。