便秘の症状

便秘とはどんな状況かについて紹介します。共通の便秘の定義というものはないのですが、日本内科学会では「3日以上排便がない状況、または定期的排便があっても残便感があるステータス」とされています。

なお、慢性便秘症診療ガイドライン2017によると、「通例体外へ排出すべき糞便を十分量かつ気持ちが良いに排出できない状況」と定義されています。

排便の回数が少ないというだけでなく、不快感や残便感があるというところも含めて便秘とされています。

 

便秘を訴える人の割合

男性よりも女性が多いです。年齢とともに比率は増大し、80歳以上になるとその比率は男女共10%を超えて男女差がなくなってきます。

 

老年期になるにつれて便秘が増加する要因

筋力低下や食欲の低下・薬の副作用や便意の感じにくさなどがあります。それでは、便秘の症状はどのようなものがあるか見ていきましょう。何日も排便がない便が溜まっている感じはあるが、いきんでもでない下剤を内服しないとでないお腹が張って苦しい便がでても出きった感じがしない便が硬かったり小さなコロコロの便が出る吐き気がある食欲がないなどが挙げられます。

いつも便秘に悩んでいるという10代〜60代男女100人への質問チェックの結果、定期的排便はないと解答た方は半数近くになりました。そして、1日おきが16%、2日おきが14%となる一方で、他にもそれより少ない頻度だと解答た方が22%にものぼっています。

 

便秘が起こるきっかけ

  • 食物繊維の少ない食事
  • ダイエット
  • 極端に少ない食事量
  • 水分摂取不足
  • 筋力の低下排便反射の低下
  • 消化器系の疾患
  • 蠕動(ぜんどう)運動の障害
  • 薬による副作用

便秘によって引き起こされる症状

肌荒れ便秘になると肌が荒れるという経験をした方もいらっしゃるでしょう。

腸の健康と肌の健康は深いつながりがあります。

腸内で悪玉菌が増加し毒物質が体に吸収され、血液に乗って肌まで運ばれてしまうのです。

その上便秘の方は自律神経が乱れている事も多く、肌のターンオーバーがうまく働きしてくれないという事も。

このように便秘が、ニキビや肌のハリ・光沢の低下という肌トラブルにつながってしまいます。

お腹の張り、苦痛便秘になると、お腹に便が溜まっている事やガスの現れて・貯留により、お腹が張ってしまいます。

なお、張りだけでなくお腹の苦痛が起こる事も。

 

 

腸の健康は脳(メンタル)の健康にも繋がっています。

なお、便秘でお腹が張っている・苦しみがある・食事が美味しくないといった事も、精神的にイライラしてしまう要因の一つです。便秘の方は、メンタルへの影響も配慮が不可欠ですね。

 

便秘対策におすすめの食品

食物繊維食物繊維

便秘決着だけでなく心疾患やがんなどの発症率を低下させる影響もわかってきています。食物繊維には水溶性・不溶性の2種類があります。

不溶性食物繊維は穀物や豆類・きのこ・芋類・野菜・果物などに多く内蔵されており、腸を刺激し、排便の量を増加させる働きがあります。

とはいえ、元来は便が硬い人などが不溶性食物繊維を大量に摂取すると反対に便が硬くなり便秘が悪化してしまう事もありますので、摂取量には配慮が必須です。

水溶性食物繊維は海藻やこんにゃく、大麦などに多く内蔵されており、水に溶けて便を柔らかくしてくれる働きがあります。

便秘の人は意識して摂取していただきたい栄養素になります。

ごぼうや大豆類・なめこなど材料によっては双方の食物繊維を多く含むものもありますので、うまくまとめ合わせて採りいれていきましょう。

とはいっても、不溶性・水溶性食物繊維はいずれも過剰に摂取すると下痢などを引き起こす事もありますので、自らに合った量をすり合わせしてください。

 

乳酸菌

ヨーグルトや乳酸菌飲料などに内蔵されていますので、決まった的に摂取するのが良いでしょう。

加えて、腸内細菌は特定の善玉菌を増やせば良いというわけではなく、菌の多様性も必須なキーポイントです。

キムチや納豆、漬物など他の発酵食品も摂取し、諸々な菌を採りいれましょう。

実のところに便秘にお歯痒さの方も、ヨーグルトを食べるという対処法を取っておられるかたが多くいらっしゃいました。

スーパーやコンビニでも買えるため楽々にスタート出来やすく、習性化しやすい事が所以かもしれませんね。

シナモンやフルーツを入れて食べるなど、定期的の食生活の中でもヨーグルトを飽きずにおいしく食べる構想をしている方も多々あるようです。

硬水(硬度の高い水)にはマグネシウムなどのミ便秘にならないために可能な事水分補給をちゃんと行う便を柔らかくするために、水分摂取は欠かせません。

いつもから硬水を提供できないという人は、いつもの料理などにマグネシウムを多く含む塩を使用するのもベストチョイスです。

サラダなどにかければ、食物繊維と共に余裕に摂取する事ができます。

こまめに水分を摂るようにしましょう。

さらに、起きがけに水を飲む事で睡眠中に体から出てしまった水分を補うとともに、腸に適した刺激を与える事ができます。

乳酸菌、食物繊維が入った食べ物をとる食物繊維は便秘決着に役に立つ栄養素です。

けやごう鍼灸整骨院・整体院、ピラティス教室

けやごう鍼灸整骨院・整体院、ピラティス教室
【住所】福岡県福岡市南区警弥郷2-14-3
【TEL】092-585-5285(完全予約制)
【営業時間】平日 9:00~12:00 15:00~20:00
      土曜 9:00~17:00
【休診日】 日祝

病院に行っても改善しないお体の痛み、不調を改善します。鍼灸、整体、筋膜リリース、産後の骨盤矯正、美容鍼、ピラティスなどをお客様の状態に合わせてご提供いたしております。